--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロゲーセンに行ってみよう(第1章) パチスロの種類①(規約編)

2000年08月12日 23:23

主な特徴


1号機~1.5号機(代表機種:ニューペガサス、トロピカーナ7X etc.)

・吸い込み差枚数によるボーナス放出と完全確率抽選の2種類

・BIGボーナスの採用・・・純増方式により、ほぼ360枚程度
 (攻略打法のある機種はそれ以上もありうる)


2号機(代表機種:アラジン、バニーガール etc.)

・フルーツゲーム集中、或いは、シングルボーナスの集中採用
 (A、B、C-タイプの3種類はここから)

※集中:この状態になると、特定の小役orシングルボーナスの当選確率が上がる

【フルーツゲーム集中】
 機種にもよるが、25G、60G等、一定ゲーム数の範囲で
 小役の当選確率が上がる。
 終了は、一定ゲーム数の終了orBIGの成立。
 ちなみに、「チャレンジマン2(尚球社)」は
 フルーツの集中60Gが、BIGの成立までループする
 いわゆる「ジャンボフルーツ」と呼ばれる役が存在した。
 
【シングルボーナスの集中】
 集中役のフラグを引くと、シングルボーナス、小役の抽選確率が上がる
 当時の代表機種である「アラジン」だと
 シングル1/60→1/6、単チェリー1/200→1/2 という風な状態になる。
 この状態はBIG(1/409.6)に当選するか、パンクフラグ(1/753)を引くまで続く。

・吸い込み差枚方式、天井方式の禁止

・クレジット機能、1ゲームの遊戯時間は4秒以上(いわゆるウェイト機能)



3号機(代表機種:コンチネンタルⅠ、スーパープラネット etc.)

・フルーツゲーム集中禁止

・シングルボーナスの集中にパンク確率の下限(1/300)適用

・1ゲームの遊戯時間が4.1秒以上に変更



4号機(代表機種:ニューパルサー、ウルトラマン倶楽部3、大ハナビ etc.)

・リプレイ役採用

・ボーナス成立の告知機能
 (後に演出用の告知機能へ発展)

・BIGボーナスの獲得枚数がすべて期待値方式
 
・ボーナス成立後の小役による等倍返しの禁止

・シングルボーナスのパンク確率が下限(Aタイプで1/150)に変更

・チャレンジタイム機能つきマシン「CT機」



***(内規解釈変更に伴う主な変更点)***

・マルチライン機、大量獲得機、

・演出用サブ基板(いわゆるインテリジェンス化)・・・液晶搭載機など



4.1号機(代表機種:獣王、キングパルサー、ミリオンゴッド etc.)

・小役告知機能によるアシストタイム機能(AT機)
 リプレイタイム機能(RT機)の出現
 ※AR機:AT+RTのミックス機
 (後のART機と意味は同じ)

・ストックタイム機能(ST機)の出現
 (内規の解釈を利用したもので、内規自体は変わっていない)



4.5号機(代表機種:北斗の拳、吉宗 etc.)

・出玉の規制(万枚確率1%以下)・・・・・ほとんど意味なし^^;


4.7号機(代表機種:押忍!番長、鬼武者3 etc.)

・さらに規制・・・・・・・出るときゃ出ますww



で、5号機へ・・・・・・・・





特に4号機時代は、各メーカーの製作台数に制限がなかったことから
一部内規の変更、インテリジェンス化などで多種多様なゲーム性のものが出現しましたが
基本はなんら4号機当初のものと変わりありません。

しかし、出玉の期待値で言えば
4.1号機>4.5号機>4.7号機>4号機
という風になりますので、
「4号機は出るのに5号機は・・・」という解釈は、
決して正しくないことも付け加えておきます。

スポンサーサイト

スロゲーセンに行ってみよう(第1章) パチスロの種類②(改造基板編)

2000年08月12日 22:22

よく、スロゲーセンの台の説明に「・・・・ver.」「・・・バージョン」
と書かれている台があります。
また特定の告知(プレート、HPの★マーク等)で
それを示唆する台があります。

知識豊富な店員さんであれば、質問すればほぼ答えていただけますので、
安易に着席する前に確認しておいたほうが安心かと思われます。
(目立った表記は条例違反に成り得るため自粛しているお店もあります。)


ということで、この項目では俗に「裏物」について触れてみたいと思います。

(本文の内容につきましては、一部を除きメーカーとの関係を示すものではありません。)




改造基板とは、主にゲーム性を出荷当初のものから
違法に変更された基板で、いわゆる裏物と称されます。

細かく言えば、店側が依頼して改造される場合と
「かばん屋」と称される人物が改造基板を持ってお店に売り歩く場合
いわゆる「B物」があり、
セット打法orゴト行為を行うために、勝手に基板を変えて
荒稼ぎをするものとして使われた「C物」があります。

この項目では、私の個人的な考えと各情報を元に
「B物」についていくつか挙げていきたいと思います。


・貯金方式(代表機種:アポロン、ワイルドキャッツ、デートライン銀河 etc.)

通常ゲーム中に当選したボーナスフラグを貯金し、一度に放出するタイプで
放出方法は、5連ワンセット・貯金個数抽選方式・天井ゲーム数方式などに分類されます。

4号機のストック機(ST機)との大きな違いは
貯め込んだフラグをすべて放出するか否かであるので、
厳密には初代ブラックジャックは分類上貯金方式(合法)となります。

また、この貯金方式は短期的に見ると激しい出方をしますが、
放出時はすべてのボーナスフラグが放出されますから
長い目で見ればノーマルな出方とあまり変わりは無いかと思います。


・状態方式(代表機種:ドリームセブンjr.、キングガルフ etc.)

連チャンがどこまで続くか分からない状態に陥る出方をしますが、
その抽選確率はかなり低いです。
ゆえに、嵌りも底なしに起こりうるというゲーム性を持った方式です。

ボーナス抽選と同時に状態抽選に当たらない限り、意図的な連チャンは発生しませんが
救済措置として、特定ゲーム数において初当たりの抽選を軽くするなど
機種ごとに仕組みは違います。


・上乗せ方式(代表機種:サファリラリー、グレートハンター etc.)

通常時のボーナス抽選確率を落として、当選した際には転落抽選に当選するまで
高確率でボーナスを抽選し続ける方式です。

状態バージョンとの違いは、初当たり=連荘の期待があるかないか。
この方式ですと、毎回ボーナスが当選するたびに期待が持てます。


・その他(これらに分類されないもの)


・スーパーラッシュver.(コンチネンタルⅢ)

シングルボーナスの集中時、BIGによるパンクをカットしたもので
純粋なパンクフラグに当選しない限り集中が終わらない仕組みです。


・小役落ちver.(リノ)

BIG終了後、特定ゲーム数内において(おおむね1~5G)
小役が揃えばボーナスを放出する仕組みです。
後に出てくる小役前兆との違いは、抽選順番がボーナスと小役のどちらが先か?
ということであります。


・吸い込み方式(ペガサス412)


前項目で取り上げた差枚数天井方式です。
当時の人気機種「ニューペガサス」のゲーム性を導入した基板です。






主な3種のゲーム性に、工夫をされたB物は多数あります。
あまりにも膨大がゆえに代表的なものをいくつか挙げてみたいと思います。


「ダイナマイトver.」(上乗せ方式)

レギュラーボーナスを消化後、次ゲームでBIGが成立すれば
以後、BIGを高確率で抽選し続ける仕組みです。
(自力でREGを引くこともあります)

パチンコ「ダイナマイト(大一商会)」のゲーム性を真似て、このような呼称で広まりました。

全国的に有名になった代表機種は「ペガサス412(パル工業)」で、
その後は機種により地域的に模倣されたものが出回りました。


「小役前兆」(状態or上乗せ方式)

ボーナス放出前に特定小役が連続して成立する特徴があり
機種により「リプレイver.」「チェリーver.」などがあります。

これも機種によりまして
連続で来れば大チャンスというものもあれば、
一回成立すればOKな機種もあります。

後の4号機においてインテリジェンス機能、いわゆる演出を利用した前兆仕様もあり
有名なところでは「サンダーV(前兆Vフラッシュ)」などがあります。


「特定ゲーム数内高確率」(上乗せ方式)

ボーナス終了後から、特定ゲーム数まで高確率で抽選する方式で
そのゲーム数は基板ごとに様々です。

特に有名なのは「GODver.」と呼ばれるもので
ボーナス終了後の5ゲーム内が超高確率で抽選される仕組みです。
この呼称は「ミリオンゴッド(ミズホ)」から引用しております。

また。「32Gver.」「29Gver.」などゲーム性は様々あります。





スロゲーセンでは、こういった当時の改造基板が搭載された台で遊ぶ事ができますが、
中には初期投資が膨大に膨れ上がる場合もあります。
先ほど申し上げたとおり、不安があればお店に確認する行為が1番だと思います。
しかしながら、基板の仕組みを聞いても
「分からない」、「言えない」
などの対応をされるお店もあるようです。

商品を陳列しておいて、商品知識がないお店・・・・

そんなお店を信用できますか?

スロゲーセンに行ってみよう(第1章) パチスロの種類③(攻略編)

2000年08月12日 21:21

この章では、お店によって公認で出来る攻略打法とその機種を紹介します。

攻略打法については、簡易的な説明にとどめておきますので
詳しい内容は検索して調べてみてください。



・ドリームセブンジュニア(3号機:高砂電器)

 BIG中の小役ゲーム中に特定ゲーム時にBIG絵柄を揃える事により
 1回のBIGで最高1000枚以上獲得が可能



・サファリラリー(2号機:エーアイ)

 いずれかのボーナスが成立後、1枚がけでBIGを狙い続ける。
 小役成立&右リールのランダムスベリが一致したときにBIGが揃います。
 効率よくやるなら、REG成立後がお勧めです。



・トロピカーナ7X、ファイアーバード7U(1.5号機:ユニバーサル販売)

 BIG中の特定手順により規定枚数(350枚)以上の獲得が可能。
 トロピは480枚弱、ファイヤーは600枚程度
 難易度がとても高い。



(今後、加筆予定)


 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。